豆腐屋之印を作る話

印を作りたい気持ちになったので、作っていきたいと思う。石は彫りやすいけど準備も制作も大変なので、今回は消しゴムで作るよ。柔らかすぎてムニムニするので私はむしろ苦手。

 

①準備するもの

f:id:kusattamame:20210215233154j:image
・書道辞典(携帯版とあるが持ち歩いとる人間と出会ったことはない、全員不携帯)
・消しゴム(彫る用なので表面だけ色がついてる)
・持ち手の木(なくてもいい)
・カッターマット(なくてもいい)
・カッター(刃先が細いと尚良い)
・紙、ペン、消しゴム(デザイン用)
・鉛筆(転写用なので濃いと尚良い)

・朱肉(試し押しに使う)(写真に入れ忘れた)

 

②デザインを決める

字を決めて、辞書で篆書体(後述)を調べる。

ほんとは白文・朱文(後述)それぞれに篆印体(篆書体で印作る時用のフォントみたいなの)があるけど、それは載ってないので、以下の特徴を踏まえていじってなんとかします。

f:id:kusattamame:20210215234349j:image

【篆書体】

石とか土器に彫っていた字。漢字の原型。縦長で、字画を上の方に詰めて下に広い空間を作ることで脚を長く見せる。美脚。左右対称にしたがる。筆の字じゃないので、止め・撥ね・払い・折れなどはない。方向転換もうねうねとカーブする。縦画は垂直、横画は水平を強く意識する。線の太さは始終均一。今は印か看板ぐらいしか見かけないかもしれん。

【白文】

文字が白い(=文字部分を彫る)ので、白文。彫る面積を広くするため(そっちのが美しいと言われる)に、画をめちゃくちゃ太くするので、点画を省略したり直線的にしたりする。名前や雅号(書作品用ペンネーム)を彫ることが多い。

【朱文】

文字が朱い(=文字以外を彫る)ので、朱文。彫る面積を広くするため(そっちのが以下略)に、画をめちゃくちゃ細くするので、その分点画をうねらせたりする。座右の銘や格言みたいなのを彫ることが多い。落款印とか遊び印。

f:id:kusattamame:20210216000102j:image

これで言うところの左行が白文。中央行が朱文。右行はなんでもないよ。

いくつか骨書きを書いてみて、今回は未だかつてない五字くらいを彫りたくなったので、よさげなデザインに肉付けをする。

そして肉付けしたものがこちらです。

f:id:kusattamame:20210216000245j:image

この後の修正は厄介なので、ここで完成と同じにしておく。持ち手にする木が3センチ角ぐらいだったので、サイズはそんなもんで考えた。

 

③転写する

石の場合はデザイン画を鏡に写して、反転させた文字を見ながら、白い胡粉と細い筆で石に直接書くとかする。終わらない。それか除光液を使って転写する。文明ありがてえ。

ゴムへの転写なのでそのまま書いた面をゴムに向けて、ずれないように固定しながら爪でギャギャギャギャッと圧を加える。鉛筆で濃く書いてないと悲惨。均等に満遍なく強く押し付けることが大事。

f:id:kusattamame:20210216000723j:image

f:id:kusattamame:20210217002252j:image

押し付けられていなかったところがあったので霞みがかりました。そういう時は鉛筆でちょちょっと書き足して何事もなかったかのようにしれっとすることが大事。

f:id:kusattamame:20210216000831j:image

f:id:kusattamame:20210217002301j:image

 

④彫る彫る試し押し彫る彫る試し押し

白文は鉛筆の線を彫る。朱文は逆に鉛筆の線を残す。書き順はないので、広々とした画数の少ない字や直線から彫った方が楽。カーブは慣れてから挑むこと。

f:id:kusattamame:20210216001131j:image

f:id:kusattamame:20210217002419j:image

一通り彫れてから試しに押してみる。一通り彫り終わるまでは押しちゃいけない。

f:id:kusattamame:20210216001314j:imagef:id:kusattamame:20210217002432j:image

デザイン画と比べたり、審美眼で見たりして、歪んだところを見つける。印影だったり印面だったりに直接書き込むといい。

チェックポイント

・画が細くなったり太くなったりしてませんか?

・画の始めと終わりは丸くなってますか?

・カーブは尖ってませんか?

・左右対称ですか?

該当するところ多いな、もう。チェックしたところを彫り終えたらまた試し押し。デザイン画と同じ印影になるまで、ひたすら繰り返す。

画や字を結合・消失させないように気をつけてね。

f:id:kusattamame:20210216001935j:image

f:id:kusattamame:20210217002528j:image

うむ、…よかろう。初めの試し押しとの変化が伝わったら嬉しい。朱文は特に。

こうして見ると白文・朱文の違いがお分かりいただけるだろうか。

余談だが、朱文は枠を作ることが多い。白文もやっちゃいけないことはないけど、枠入れるくらいなら字太くした方がいいって感じなのか、あんまり見たことはないなあ。今回は外枠だけだけど、マス目みたいに字に枠を入れることも多々ある。もちろん字と枠も結合させないように彫る。さらに、枠の幅よりも字画を細くしなきゃならない。このルール考えた人はおそらく頭がおかしい。枠に亀裂やヒビをワザと入れる「不完全な美しさ」という美学もあるが、ワザとやらんでも勝手に入るので気にしたことはない。

 

最後、木工用ボンドで持ち手を付けたら完成。ほんとは持ち手の上面に印影を残しておくと、今後押すときに向きが分かりやすいが、サイズをミスってはみ出てしまった。悔しい。なので今回はやらない。頻繁に押すわけじゃないし、毎回向き確認するわ。

 

と、まあこんな感じで印ができました〜。いえーい。石と違ってスルスル彫れてしまった。(石は彫る作業だけで3日くらいかかる。ゴムはそれぞれ一晩で終わった。)ちょっとあっけない。

ただ朱文の細かいところも刃先でちょこちょこすれば削れるのはありがたかった。石ではこうもいかん。調整しやすかった。

これらはサイン代わりに押していきます。

まだ材料余ってるから何か彫ろ〜。

 

【おまけ】

f:id:kusattamame:20210215232953j:image

石の印面はこんな感じ。これは八分印の朱文。朱文にしては線が太すぎる。字画の数にもよるが、本来これの半分くらいの太さが望ましい。ちきりやがったな、過去の私め。半折から全紙あたりの作品に使える大きさ。使い勝手よい。

ガリゴリ彫れるのは結構気持ちいい。彫るのには、印床というものに石を固定して、印刀を使う。印刀は小さなノミみたいな、マイナスドライバーみたいなの。勢い余って字をふっ飛ばした時の絶望はクセになる。

木の持ち手みたいに上に押せないので、印影は別で取ってかないといけない。くしゃくしゃになるので丁寧な保管を心がける。

ガチの人は印の側面とかにも彫刻を施す。龍とか。あの、金印みたいな…。あれ四角じゃないじゃん?ああいうことする。

石は朱肉やスタンプ台では押せない。印泥という、なんかいろんな草花を練り練りしたものを使う。ド高いし、作品も書いてないので当方現在未所持。いつか手に入れたいが、入手も保管も容易ではない。

 

印だけで、これだけ印なんちゃらって言葉が生まれたぐらいだから、昔昔には重たい意味があったのか、深い関わりがあったのかもね。

「揚げ物をする際は防衛省に許可を取り爆発物処理班を呼んでください」

メシマズの話をしよう。

 

【メシマズとは】

作る飯が不味いことを勝手にそう呼ぶ。作った人を指す場合もあれば、できた物を指す場合もある。飯以外も漏れなく不味い。対義語としてメシウマを設定。(他人の不幸で飯がうまいとは別の意で使う)

なぜ不味くなるのかはこっちが知りたい。知ってたら不味くならないように努力くらいしたい。不味くしようと思って作ったことなんて一度もない。

 

【なぜ作るのか】

それはほんと、出来心。今回こそうまくいくんじゃねえかという謎の期待が高まった時に作る。が、もちろん不味い。

あ、あの動画見たことある?物が並んでて、猫ちゃんは普通にすり抜けながら歩いてくんだけど、わんちゃんは飛び越えようとして物をはちゃめちゃにとっちらかしちゃうやつ。つまりあれ。メシウマな動画やレシピが流れてきて、えっうまそうしかも簡単そうこれならワイでも作れるやろって気にさせてくる。そういうこと。

 

【そして起こる負の連鎖】

そもそもセンスがなくてメシマズをやってるので、経験と努力でマズの部分を補わなければならないのに、当然不味いのでそう度々経験したいわけがない。金も時間も腹も無駄。圧倒的失敗経験。これがメシマズを負の連鎖に追いやる。センスがないのに加えて経験も努力も足らないままなので、時々やってくるチャレンジタイムでひたすら不味いものが出来上がる地獄の完成である。

 

ここまで分かっていてもメシマズは、メシマズ。

 

【メシマズの歴史を振り返る】

①なぁにがサクサクじゃボケェ

クッキーってサクッとしてるとか言うじゃん?あれは嘘だから。気をつけて。そのクッキー、ふわふわするよ。

お豆腐にもかわいらしい幼少期があって、お菓子作りに勤しんでた頃があるわけ。クッキー、まじ、ふわっふわに仕上がった。そうはならんやろ。わしかて思う。作ろうとしたのアイスボックスクッキー。三度中三度、百発百中のふわふわ。一回くらいサクサクせえや。

兄(メシウマ)曰く、「あのクッキー?作ってよ。俺は作れんのだ。食べたいけど、俺が作るとどうしてもサクサクになっちゃうからさ。あれお前にしか作れんやんね、あのふわふわの?クッキー?」だぁれがオリジナルレシピじゃばかたれーぃ😇😇😇😇😇😇😇?を付けるな、?を〜😇😇😇😇

その前にも色々作ってきたが、それらはまあ幼さ故の失敗で許されようとしていた。だが、否。ここにきて、豆腐屋は自身がメシマズ側の人間だと悟る。

 

②幸せなら手を叩こう

中学生くらいかなぁ。親が不在なので夕飯を自作せねばならず、ハンバーグにチャレンジ!イメトレだけは完璧だった。とりあえず形になったものを食べようとした。ら、箸入らんやんね。肉塊。これはもう肉塊やん。私の知ってるハンバーグではない。誰も知らん。なんやこれは。

そして知る、ハンバーグが切れるのは当たり前のことではない。とても幸せなことなのだ。そう、幸せというのは当たり前の中に、あなたのすぐそばにあるものなのです。ハンバーグに拍手。

以降、両親不在で夕飯をなんとかしなければならない時には兄の手伝いに徹し、おこぼれをもらう。

 

③時限式爆弾

クッキーって言うか、ぶるーどねーじゅ?みたいな名前の、なんかシャレオツで美味しそうなものに挑戦した高校のバレンタイン。だって手作り友チョコブームだったんだもーん。

部活で配ったら、すごいもうなんか、苦情が殺到した🤗🤗🤗🤗消費者庁もびっくり〜やだ〜🤗🤗🤗🤗🤗🤗へえ、みんなあれを食べたんやな🤗🤗🤗🤗🤗🤗私は食べてないで🤗🤗🤗🤗🤗🤗

「食べようとしたら爆発したんだけど💢💢💢」

えっそうなん???大変やったな、まあ私食べてないから知らんけど🤗🤗🤗🤗🤗🤗

ついに調理後に爆発するという、禁断の時限式の開発に成功した。いや目指してねえわ。

 

この辺りから、メシマズの中でもかなりのレベルだと自覚し、調理とは距離を置く。調理実習も食器担当。食材に触れてはならない。

そもそも、私が作るよりもうまいものがこの世に溢れてるのに、なんでわざわざ自分で、よりによって不味いものを処理する羽目になるとわかっていながら作らねばならんのじゃ。私だってうまいものを食べたい。

 

④ラザニアは湯煎式

だいぶ選抜してるものの、数々の名品を生んできた私に、「誕生日プレゼントは手作りラザニアがいい」という恐れ知らずのリクエストが入ったので、腕によりをかけて作ることになった。

f:id:kusattamame:20201215235801j:image

部屋中が煙に包まれ、視界を失った。いわゆるホワイトアウトってやつだな。はー🤦‍♀️🤦‍♀️🤦‍♀️🤦‍♀️火災報知器なくてよかった〜〜🤦‍♀️🤦‍♀️🤦‍♀️🤦‍♀️🤦‍♀️🤦‍♀️🤦‍♀️🤦‍♀️🤦‍♀️はっぴーばーすでぇぇえええ〜🤦‍♀️🤦‍♀️🤦‍♀️🤦‍♀️🤦‍♀️🤦‍♀️🤦‍♀️

オーブントースターから出したはいいが、レシピの時間の半分も焼いてねえ。リクエスター(メシウマ)が「火の通りが心配ならフライパンで加熱したらえんやで」とアドバイスをして、アイスを買いに出かけた。デモ私賢イカラ分カル。このままフライパンに乗せて火つけたら、フライパンもアルミもえらいことになる。えっ水入れれば良くね?理科で習ったよ。水入ってたら紙も燃えない。それだわ。それしかねえ。帰ってきたリクエスターはアイスを取り落とすほど腹を抱えて爆笑した。世の中ではコレを湯煎と呼び、ラザニアの調理では使用しないと教わった。

 

⑤まずはこちらをご覧ください

f:id:kusattamame:20201216001205j:image

みんな大好き餃子やで。王将に謝った方がええで。

 

⑥助けて

f:id:kusattamame:20201216000551j:image

もはやコンロ直火焼き状態でも写真を撮る余裕がある。ありとあらゆる失敗をするとちょっとやそっとじゃ慌てない。ここから更に友達にLINEしてツイートしてから、調理?掃除?に戻った。でも本当に恐ろしいのはネタのために失敗したわけではないということ。二度とフライパンを振るな。

 

⑦お待たせしました、最高傑作

f:id:kusattamame:20201216002042j:image

「ボンド」「産業廃棄物」「カビた豆腐」「グロ画像」「コンクリート

すごい言われようだな、待て待てよく見ろ。これは、「抹茶ミルクプリン」だ。いいな?リピートアフターミー、ディスイズマッチャミルクプリン。

母が口に入れた瞬間吐き出し、父は顔を背けて話題にすることすらなかったという伝説の、メシマズ最高傑作(暫定)。

たぶんあれだな、これはあれだ。ゼラチンを寒天にしたのがいけなかった。ツイッターですっげえ叱られた。何度か上げてるのに、上げるたびに一定数のファボくるやんね。

でもメシマズは思う。ゼラチンも寒天も固めるのが仕事じゃん。代理くらいできるやん。だってゼラチン売ってなかったんだもん。私はむしろ被害者。

 

【今後の展望】

歴史はかなり抜粋してお送りしたが、実際はキリがない。でもメシマズだって時々は食べ物を作れるし、作れるようになりたいと思う。

ネタやわざとと思うかもしれないが、こちらは真剣勝負をしている。米を洗剤で洗うとか、砂糖と塩を間違えるとか、レタスとキャベツの区別がつかないとか、セイロをそのままコンロに乗せるとか、そういうぶっ飛んだことは一切してない。何度も言うが、私だってうまいものを食べたいのだ。なのに出来上がるのもは大抵ぶっ飛んでいるのだ。

お豆腐の場合、「味付け」と「加熱」が壊滅的というのが最新の見解。ので、ホットケーキ、カレー、鍋はできる。ホットケーキミックスやカレールーや鍋の素があるし、調理は基本的に放っておけば良いからだ。天才だな。

更に切るや剥くはできる。包丁は工作と同じだ。ある程度の魚だったら捌ける。ただし、ピーラーでジャガイモは剥けない。私の皮が剥けることになる。

まだまだ研究段階やけど、まあ伸び代だけはあるってことや。ドンマイドンマイ。最近寒いから、ほぉんだんしょこら、作ろうぜ。

 

お豆腐が揚げ物を作る日は遠い。

ブラッドリー・ベインが誕生日

ははははははははははっぴーばーすでーーーー!!!!

だいたい400歳オーバーの盗賊頭が私の推しやで。どうしてそうなったかは分からん。分からんのじゃ。

もう誕生日SSR出てくれなかったらこの記事ボイコットするところだったぞ。ひやひやさせるな。誕生日当日に出るなら出るって言いなさいよ!!!!

 

【ここまでイントロ】

ブラッドリー・ベインくんは、「魔法使いの約束https://mahoyaku.com」に出てきます。東西南北中央の国からそれぞれ選ばれるトップ5の総勢21人(北に双子がいるので)魔法使いの中の1人です。治安が悪いと有名な北の中ではたぶん一番弱いです。

f:id:kusattamame:20201213195947p:imagef:id:kusattamame:20201213202756p:image

私のタイムラインでたぶん見たことあると思うんですけど、見た目はこんなん。スーツはずるいが、私の好みは金髪碧眼なんだよ。なんで好きになった???まじで????

 

【天井に至る】

そもそものきっかけは、忘れもしないご飯会。もうすぐ激推しジャンルのソシャゲがサ終するとか言うから悲しみに暮れた豆腐屋に、魔法使いの約束をインストールさせた3人組がいたんですわ。

どしょっぱつに出てきたのが、この…後に私を狂わせることになるこの男。特に目的の男がいなかったのでリセマラせずに始めたけど、口が悪いって聞いたしこの見た目なので、全くもって推しになる予定がなかった。こんなはずじゃなかった。

メインスト読み進めても、わがままだし横暴だし人のこと考えないしご飯のことしか考えてないし、別に嫌いじゃないけど推しじゃない状態。

 

月日は流れ、歯車が狂い始めたのは、これ。

f:id:kusattamame:20201213204856j:image

このイベントが……いかんかった🤦‍♀️🤦‍♀️🤦‍♀️🤦‍♀️🤦‍♀️🤦‍♀️ただのどうしようもない囚人だったはずなのに🤦‍♀️🤦‍♀️🤦‍♀️🤦‍♀️🤦‍♀️🤦‍♀️🤦‍♀️

盗賊頭やってるだけあって賢いやんけワレェ!!の面が表立った、歴史に残る激ヤバイベ。

(ちなみに豆腐はこの一つ前のイベから参入してるので歴史もくそもない)

つか、は?え?こんなかっこいい顔できるんかーーーい!!!!おまえーーーー!!!!先に言えーーーー!!!!

何を隠そう、お豆腐は頭いい人に弱い。なんて言うかな、勉強できるとは違って、頭いいと言うか賢いと言うか、そういうの……弱い。すごく弱い。

このままではいかん、と思いつつ足元がだいぶ沼化してきた頃。まほやくくんはすかさず爆撃開始。

f:id:kusattamame:20201213203201p:image

はい、即死ーーーーーーー😇😇😇😇😇😇😇😇😇😇😇ブラッドリーの女、いっちょ上がりーーーー🤗🤗🤗🤗🤗🤗🤗

ってか???ふざけんな、いやいやまだ、この頃の私はまだ認めてないぞ。お前のこと推しだなんて認めない。まだ。

まあ?しゃあなし???PUは?引いたけど??出なかったが????

次の日の有償単発で出たけど。出るんかーーーい。

こうしてまんまと手の平で転がされに転がされまくって、今に至る。認めてなかった頃は、ホイホイきてくれたなーーーー。な、ブラッドリー。そして来てくれるからこそ、こちらも認めざるを得なくなったわ。お前が推しだ。

ふふふ、認めた途端に来んくなったね。釣った魚に餌はやらない主義ですか。そうですか。はーー、1周年かっこいいいいいいいい。はいはい、天井天井〜。

誕生日もどうせ天井やろ????

 

 

 

って、てててててて天井前に来たやんけ!!!!!!!!

やだもー!!!!なにーーーー!?!!?!??推すーーーー!!!!おめでとうな!!!!

行成様の話

あ、前回、日本は行成様しか書いたことない~とかほざいたけど、嘘でしたわ。高野切第三種も書いてた。あれは伝・紀貫之だったかな。和歌とは思えないほど漢字ばかりのところを担当したがな!!死ぬかと思ったわ!死なんけど!!

 

それはともかく今日は行成様です、行成様。ええ、はい。

まず行成様がどんな人かというと、言わずと知れた藤原家です。ゆきなりって読む人もいるし、こうぜいって読む人もいる。私は後者。wikiは前者だった〜〜😇😇😇😇残念!解釈違い~~😇😇😇😇😇とにかく、とんでもなく書がきれい。書家として書いてたわけじゃなくて、漢詩や和歌を勉強のために書いてたんだと思うけど。あ、でもなんか王羲之を勉強した小野道風に学んでたって書いてあったからやっぱり書家なのかも〜。まあ、そもそも字を書けるのが一つのステータスになる時代に、さらに書が美しいのはもう超ド級のイケメンです。昔って顔を合わせずに和歌を送り合うだけでやりとりしてたじゃん?和歌の技巧も大事だけど、字そのものもめっちゃ印象の決め手になるわけよ。たぶん。たしか。

それで、行成様がどのくらいイケメンかっていうと、日本のベスト3に入るほどイケメン、書が。例えば、中国の超ド級の書家は、「初唐の三大家」( 虞世南 ・ 欧陽詢 ・ 褚遂良)とか「唐の四大家」(さっきの三人に顔真卿を足す)がおって、もはや神こと「書聖」王義之もおんるやけど、それに倣ったどうか知らんけど、日本には平安初期の「三筆」(空海嵯峨天皇橘逸勢)とか平安中期の「三蹟」(小野道風藤原佐理藤原行成)ってのがあるわけよ。見た?今いたね、行成様いたでしょ、ちゃんと見て。いる〜行成様いる〜〜!!!!ほらな!!ベスト3なんだよ!??!?!!?!??!

 

真蹟作品(間違いなく行成様が書いたって偉い人も認めてるもの)は、最近私が騒いでる「白氏詩巻」、「本能寺切」が有名どころ。ところが!私と行成様の出会いは違いまぁす~~!

 

【「粘蝶本和漢朗詠集」】

f:id:kusattamame:20201202214820j:image

これが私と行成様の出会いの作品〜🤗🤗🤗🤗ただですね、一つ問題がありまして、これが誰が書いたかはっきりしない、けど!結構似てるから今のところは行成様でいいやってことで、伝・藤原行成となってるだけなのである。だから、いつか明らかになったとき、私は行成様と出会ってたのか出会ってなかったのかがはっきりする。くそつら。まじか。

粘蝶本は中綴じって意味。蝶みたいに、半分に折った紙を広げて、折り目を糸で綴じてる。紙は柄が入っててかっこいい。唐紙(輸入品)だった気がする。金粉で唐草模様とか描かれた紙。金持ちだね。

内容は、それぞれのテーマごとお気に入りの和歌と漢詩を交互に詠んでる。教養の深さがにじみ出まくってるやんね。大学時代に秋の段を臨書したけど、うーーーん…痩せすぎだなぁ。モノホンはまじでこんなん比べ物にならん。仮名も漢字も、もっと柔らかくて肉肉しかった記憶がある。

臨書の最終行に「粘蝶本和漢朗詠集 (名前)臨」って書くところを、「朗」の字を飛ばしたのは今はいい思い出。しかもそれが一番いい出来だったので、結局(最終行だけ切って、別紙に書いたものを継いで)出品したという世にも奇妙な物語が残っている。いえーい行成様サイコー!!!!🤗🤗🤗🤗🤗

 

【「白氏詩巻」】

f:id:kusattamame:20201202215040j:imagef:id:kusattamame:20201202211442j:image

うっ、下が揃わなくて恥ずかしい😇😇😇😇😇

名前からし李白の詩を巻物にまとめたもの、だと思う。ちゃんと勉強してないから怪しい。

よく言われるところの「ミミズののたくったような字」に分類されるかもしれん。漢字です。仮名っぽいのも一部入ってるけど、一応漢字。草書になるのかな?和様ってどう分けるんだろ。見てるだけだとわからん字も、なんとなく書くと分かるから不思議よね。慣れもあるけど。崩し方が理に適ってるからなんだろうな。すごいね。

見て!墨継がかっこいい〜!!!!このリズム感たまらんね!!!!やっぱりこれくらいダンッと入ってくるのがいいよね〜!

ちょっと補足すると、行書、草書、仮名あたりはスルスル書きたいので画や字が繋がることはもとより、いちいち墨をつけたりしない。ので、だんだん掠れていく。掠れ切ったらようやく墨をつける。頭いい人は見せ場に墨継を持ってこれる。自然な流れに見せかけて調整してる、はず。墨継が横並びになるとダッサイので避けたいし。

てかなんで墨たっぷりなのに字潰れないんや🤔🤔🤔🤔点画の省略が神ってんだな、その字だと分かる程度に省略するのがうますぎる。行成様頭よきじゃん。センスありすぎ。

女篇とかまじ書く気あんのかってくらいシャッシャッシャッって3画引いてあるだけに見えるのにバランス取れてるから意味わからん。

「唯」「難」らへんの、右側に隹(ふるとり)が来る系めっちゃ勢いいいね。横画の連続がすごいザッザッダンッ!って入ってくる。最後縦画で引き締まってて最高。

撥ねがかなり伸びるのにトゲトゲしくないから不思議。なんでこの書き方で柔らかくなるんじゃ。やっぱり丸みなのかなぁ。肩ほぼないもんな。全部撫で肩。うーん、うーん、怒肩ばかり書いてきたから意識してもなかなかうまく書けん。練習が足りん。

「夜」の書き方が「粘蝶本和漢朗詠集」と同じなんだよね。本来の2画目を右から左に引いて、そのまま回して縦に1画目と3画目をぶち抜く。これかっこいいんだもんな〜。好き。定番の崩し方とかあるから、まあそれだけじゃ証拠になりませんけど。確かに似てるっちゃ似てるし、似てないっちゃ似てない。でもかっこいいからヨシ!

 

【「本能寺切」】

f:id:kusattamame:20201202211804j:image

f:id:kusattamame:20201202220523j:image
f:id:kusattamame:20201202211800j:image

これも下揃わんかった😇😇😇😇😇ちくせう😇😇😇😇

先2つと比べると痛みが激しいの書く場所選ぶの難しだよ〜🙃🙃🙃🙃🙃🙃骨書き持ってないからまじで見て解読するしかないやんね、きちい

墨継が分かりにくい。相当柔らかい筆を使ったんかな。掠れてる時も太い。墨は薄いわけじゃないから紙か筆が原因と思う。はっきりせん。

左払いとかもうまじどうなっとん。スパーンて払うだけなん?なんなん?

うわあ、「秋」が「粘葉本和漢朗詠集」と全然ちゃうやないかーーい!!やっぱ行成様じゃないのかぁ

「紫」「秋」「旅」「朱」が好き。「家」とかまじそんな崩し方するん?え、それどうなってん?なに???

って感じで楽しく書きました〜🤗🤗🤗🤗いえーい🤗🤗🤗🤗🤗

 

あ、ちなみに今回はさすがに小筆を使った。まあ字のサイズで決めたらいいんだけど、言うても小筆で書かれたものは小筆の方が書きやすいのは道理じゃん?拭うだけで洗わなくていいから小筆は便利!貰い物で初めて使ったけど、書きやすくてびびった。小筆なのに程よく肉がつけられる。毛が柔らかくて、撥ねや終筆がぴんぴんしない。すげえ。ぱっと見、中筆にも見えなくないくらいの軸の太さ。

 

行成様は1字の中ではそこそこ崩すけど、あんまり字を繋げたりしない。真面目…、というか丁寧?なのかな。おかげで書きやすい。うそ、次の画どうなっとんじゃい状態。骨書きがないから書いてみてカンで流れを追うしかない。なんてこった。もっと書かないと形も追えませんね。形全然取れないんだよな。たぶん画の角度が違う。和様は、光明皇后楽毅論」みたいに横潰しになることがスタンダードって言われるけど、行成様は縦に伸び伸びしてていい。かっこいい。好き。頑張って書く。

 

最後に、行成様の書いたどちゃんこかっこいい「変態」貼っとくね😘😘😘😘😘こんなにかっこよく書いてもらえるなら変態でええわ。余は満足。

f:id:kusattamame:20201202213543j:image

北魏の臨書の話

臨書

 人の書いた字を、勉強のために真似て書くこと。考えは、絵の模写と同じ。臨書作品として公開したり出品したりできる。色んな種類の作品を臨書すると、表現力が幅広くなるし、実際そう。だが、私は厳つい字ばかり選んでしまう🤗🤗これは性🤗🤗🤗🤗🤗基本的に唐あたりまでの中国古典作品を書いてる。日本は行成様しか書いたことない。


拓本

 石碑に彫られた字を紙に写しとって本に綴じたもの。碑面に紙を水で貼りつけて、墨を染み込ませた布でぽんぽんして採拓する。


最近、北魏墓誌銘集の拓本をいただいたのでちょくちょく臨書してる。(行成様もいただいたけど、今ここで書き始めるとえらいことになるので、次の機会に)

北魏墓誌銘集の特徴は、

①右上がりが強い

②中心も右寄り(中心にくる縦画も右にズラしてる)

③撥ねも払いもかなり伸ばす、かっこいい

④肩を入れ直す

⑤左払いも入れ直す

⑥入筆は45°(楷書の理想)より立てる

らへんと思う。私が書いた限りは。

ほぼ楷書なんだけど、やっぱりまだ飾りが多い感じ。いや分類したら楷書なんじゃがな。


墓誌銘は漢字の通り、墓石に刻まれてる言葉。だいたい誰々の墓で〜こんなことしたよ〜って讃えてる。北魏って戦争多かったんだっけ?世界史選択だったけど全然覚えてないやんね。やたら墓誌銘多い。

【お気に入り】

「元顯儁墓誌銘」

f:id:kusattamame:20201127220251j:plainf:id:kusattamame:20201127220306j:plainf:id:kusattamame:20201127220317j:plainf:id:kusattamame:20201127220330j:plain

北魏は別に碑面が傷んでるものばっかりでもないんだけど、この拓本はばりばりきれい。見て!白黒のコントラストやばい綺麗じゃない!?なんだろう、採拓した人の腕がよかったのかな。これ真っ黒な墨で書いたったらかっこええやら、間違いねえ。うわ、書きてえ。


「美人董氏墓誌銘」

f:id:kusattamame:20201127222209j:plain

美人なんだわ、これが。字が美人ってやばない?やばいやろ、わしかてやばいと思う。でも美人なんやて。すらっとして美しいわけ。字数はえぐいから全臨はできんけど、もっと書きてえ〜。


墓誌銘自体は墓石にみっちり書かれてるので、実際は細字。拓本と同じサイズで書くのが書きやすい(拡大縮小するのってえぐいんだわ)。細字は肩凝りを覚悟しないといけない。でも楽しい。あ、大字も映えると思うよ!こんだけ派手派手で力強いので!やりたいね!!全紙に6文字とか、気持ちいいだろ!!うわ、やりてえ〜!!

今はA4コピー紙に中筆で書いてる。画数の多い字は枠内に納めるのが大変だし、画数の少ない字は(少し位置や角度がズレただけで影響がでかいので)バランスを取るのがすごく難しい。そこがうまくいくと痺れるほど気持ちいい。やばい人だ。


最後に、バランスだのサイズだの色々言ったけど、臨書で一番大事なのは「線」だって教わってる。し、たぶんそう。言葉にするの難しいけど、形がどんなに整っててもヒョロヒョロの線じゃ、絶対カッコつかない!ってことだと思う。太けりゃいいってわけでもないんだけど、だから難しいんだけど。

もっと勉強するけど、今のところは以上!